2017年4月28日金曜日

『人工知能の見る夢は』、『暗い惑星』

わたしはすでに脱退してしまったのですが、SF作家クラブに加入していたときに、人工知能学会誌にショートショートを掲載する企画がございまして、参加いたしました。

それっきり忘れておりましたら、ショートショートが本になりました。

人工知能の見る夢は
”新井素子氏,宮内悠介氏などSF作家たちが人工知能をテーマにショートショートを競作&第一線の研究者たちが解説を書き下し。〈AIが書いた小説〉も特別掲載。”


わたしが書きましたのは、「ダウンサイジング」というショートショートです。
書いたことも忘れてたころに本になったのでうれしうございます。


もう一つ。


cobalt時代のBL短編を、kindle化してみました。
1.6ドルです。
収録作は、「めくるめく月」「黒天使」「暗い惑星」「ナイトウォーカー」の4編+未発表のシークレット短編2本になっております。
これ、スーパーダッシュ文庫から、『狩人月』としてでたものを、kindleにしようと思ったのですが、「狩人月」の原稿がサルベージできなかったのでした(´Д`)…。
電子の藻屑化(まあ、こういうこともあります)



kindle化で困るのは、絵をつける意欲でして。
年々、絵を描く気力がなくなってくるのですよね。
加齢のせいか病気のせいか、絵描きが面倒でしかたないです。
液タブもっと安くならないかなあ…

とりあえずできることを淡々としていくしかありませぬのう。

2 件のコメント:

  1. 不破さんなつかしい・・禁猟区も是非お願いします。
    後書きの、ほかの作家さんに~の話はまったく気が付いておりませんでしたので
    驚きました。なんともひどい話です・・。

    返信削除
    返信
    1. おお、ありがとうございます~ 
      後書きの方は常習のようで、なぜこの稼業を選んだのか不思議でございます。

      削除