2017年4月4日火曜日

クルトフォルケンの神話

桜が満開で、わたしの花粉症もブレイクです。。
半世紀もの長きにわたって、花粉症を知らずに生きてきたのに(´Д`)
一生知らなくてもよかったのに。。。

『クルトフォルケンの神話』は、わたしのコバルトデビュー作でございます。
31年前です。
このたび、スマートフォンで読めるようになりました!!
端末から、電子書店パピレスさんにログイン、
タイトル名で検索してくださいませ。
形式 MEDUSAMEDUSA形式⇒詳細で、本をぽちりしてくださいませ。

もう一つのほうの形式は、PC用ですので。
スマホのアプリ名は、BookLiveでございます。


同時に、『シンデレラの夜と昼』
『地下世界のダンディ』も読むことができるようになっております。

SNSで、「どこで読めますか」とおたずねをいただきまして、パピレスさんに問い合わせたのがきっかけでございます。

20年ぐらい前に、預けたきりの本でしたので、正直、わたしも忘れてました…。
パピレスさんは電子書籍の草分け的存在です。
(漫画のRenta!といえば、わかるのではないでしょうか。)
勃興期の電子書籍は、横書きだったり、画像だった時期もあり、形式は次々と変わりました。当時のものが今でも読めるのは、すごいことだと思います。

残念ながら、わたしの本は電子の塵と化しておりますけど。
(個人的には、イラストを自分で描いてしまったため、怖くて読めませn)






2 件のコメント:

  1. その昔、「地下世界のダンディ」が好きすぎて、本を持っているのにパピレスでも購入しました。
    あれがワタクシの電子書籍初購入だったな~。

    パピレスさんは恐ろしいことに、テキスト形式でダウンロードできたので、今でもハードディスクの奥底にTXT形式で「地下世界のダンディ」さんが住んでおられます…(´∀`)

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます! 昔は、プロテクト技術もなかったですし、DL販売が普通でしたね。わたしも当時電子で買ったあれこれを持ってます(*´ω`*) 電子のお宝w

      削除