2017年4月4日火曜日

クルトフォルケンの神話

桜が満開で、わたしの花粉症もブレイクです。。
半世紀もの長きにわたって、花粉症を知らずに生きてきたのに(´Д`)
一生知らなくてもよかったのに。。。

『クルトフォルケンの神話』は、わたしのコバルトデビュー作でございます。
31年前です。
このたび、スマートフォンで読めるようになりました!!
端末から、電子書店パピレスさんにログイン、
タイトル名で検索してくださいませ。
形式 MEDUSAMEDUSA形式⇒詳細で、本をぽちりしてくださいませ。

もう一つのほうの形式は、PC用ですので。
スマホのアプリ名は、BookLiveでございます。


同時に、『シンデレラの夜と昼』
『地下世界のダンディ』も読むことができるようになっております。

SNSで、「どこで読めますか」とおたずねをいただきまして、パピレスさんに問い合わせたのがきっかけでございます。

20年ぐらい前に、預けたきりの本でしたので、正直、わたしも忘れてました…。
パピレスさんは電子書籍の草分け的存在です。
(漫画のRenta!といえば、わかるのではないでしょうか。)
勃興期の電子書籍は、横書きだったり、画像だった時期もあり、形式は次々と変わりました。当時のものが今でも読めるのは、すごいことだと思います。

残念ながら、わたしの本は電子の塵と化しておりますけど。
(個人的には、イラストを自分で描いてしまったため、怖くて読めませn)






2017年3月3日金曜日

スマホ

このあいだまで、ガラケーユーザーだったzusshyです。
確定申告で、ガラケーの携帯料金の高さに驚いて、ついに変更を決意しました。
スマホの料金とほぼ変わらない携帯の高さって、泣けます。

iphoneにだけはしたくなかったんですが…

なぜしたくなかったかといえば、理由はカンタンで、わたしのアップルIDがロックされたままだったからです。。。
10年もののiPod touchのIOSをバージョンアップしたら、パスワードが通らなくて、
二度と入れなくなりました
ショップの店頭で試しても、やっぱりロックされたままなので、新IDを取ることに。
ああ…appストアで買った曲とかMVとか…ぜんぶ電子の塵に…


           猫を撮りにきたのに、猫がいなくてカルガモ


近の携帯端末やタブレットやPCが増えて、
ググルやアプルやFB、twitterは連携するようになり、その分、認証もきびしく。
ついこのあいだまで、「サイバー空間では匿名」が当たり前だったのに、今はすべて紐付き。
ゲームワールドも同じで、自分のアバターの背後に隠れて、匿名でいつづけるのは昨今、たいへんむつかしくなりました。
ゲーム中のスカイプ当たり前で、スカイプをつないでないと遊べず。
しかし、スカイプとつなげば、SNSが一網打尽にされてしまうので、身元バレバレ~。
仕方ないので長年親しんだゲームから引退しました。(´Д`)
オジサンプレイしてたんすよ。スカイプしたら、バレちゃうじゃないですかぁぁぁ!!

そういうしょーもない私的事情はさておき。
(この手の引退、わたしだけでしょうか)
ネットの発達によって、人はサイバーにおいても現実と親密な交流ができるようになりました。その分、現実世界は、広く薄く無限に引き延ばされましたが。
すべての80年代SFを裏切る、まさかの未来。

で。
今日は、新刊のご報告をしたかったのですが、諸般の事情でゲラが止まっております。
どうなるのでしょう。
無事に本がでますように。

2017年1月8日日曜日

年の初めのTo do list

目標は公言することで、達成できるのへの意欲が高まるのであります。
たぶん。
「やるやる」詐欺が、詐欺になるのは自分の発言を忘れてしまうからでして。

どっかの国の鶏頭の次期大統領と同じ。。。。


2017年のお年始は、
昨年末にたてた

①中性脂肪の値を下げる(毎週ブロッコリーを食べる)⇒今週のノルマ達成☆
②肝臓にやさしくする(よいご飯を作って食べる)⇒だいたいは☆
③絶望せず、自棄にもならず、仕事をする⇒まったりしすぎ✖
④カープを応援する⇒シーズンオフだからなあ✖でも紅白の黒田さんはみた!
⑤断捨離を続行する⇒ぼちぼち

に加えて、

帳簿付け(やらねばならぬ…)
支払い調書を作る
ゲラ
⑨手元の原稿の売りこみ
⑩絵を描く
お芝居のチケット取り



⑥と⑦は早急にはじめなければ!

⑩のイラスト描きは、たまにものすごく絵を描きたい気持ちが盛り上がることがあるのですが、最近は、その衝動がめっきりなくなってしまいました。
加齢のせいか、文字で満たされているせいなのか、満たし具合が足りないのかわかりませんが。

わたしのような妄想癖のある人間が絵を描きたいという衝動にかられるのは、自分の妄想世界が物語として完結したあとだそうです。出口を求めて、ビジュアルとしてあふれだすのだとか。
(最初から絵としてでてくる絵描きの方は、たぶん違うルートをたどる)

長谷川祐子氏の『キューレーション 知と感性を揺さぶる力』からの受け売りですが。

確かに、以前は、本を一冊書き終えると、無性に絵を描きたくなったのですね。

最近は、音楽を聞きながら、頭のなかで映像として動かすようになりました。
この映像を、リアルで動画にしたいとは思うのですが、とてもとても無理なので、絵として描こうと思わなくなったのかもしれませんね。

妄想も、テクノロジーとともに変わってゆくのか…