2012年3月3日土曜日

来年度の予定など

仕事が出来る状態なのに仕事がなくて働けない。これ苦しいですね。
社会から、自分はイラネといわれてるってことなんで…

2年前から閉塞した状態で、なんとかできないかと動き回っても、裏目にでるばかり。
3.11以降は、物語を書くことに逃避してました。自分のために書いたんです。『カメレオン』
浮き世離れした美男美女の恋愛話に身をひたすことで、癒されたので。

書きあがった話を使って、ウェブ出版と編集のスキルアップを練習をしたのが、昨年なかばです。
仕事がないから、自分で仕事を作ったのですよ。
公開して一区切りついて、また3ヶ月ほどあれこれ考えて。
年末あたりから、吹っ切れてきました。

お金をいただいて働くのは難しいかもしれませんが、あっしが参加できるボランティアもあるでしょうし。社会学の単位を取り足せば、なにか資格も取れるやもしれません。
書きたいものがあれば、今はネットで公開もできます。
でもそれでは萎れてしまうのですよ。社会からヒキがないと。
外にでなければ、と思いながら、ぐだぐだ迷ってました。

商業作家であることに、なぜこだわるんだ、と自分の執着が不思議だったんですが。
実は、執着があるのは、職ではなく場だということに気がつきました。

気づいたのは、SFプロローグウェブのお手伝いを引きうけたあとです。
んでもって、作家クラブの他の仕事も引きうけました。

それで感じたのです。
あっしはここにいてもいいんだ~

地域活動やPTA活動をやって、友達や知りあいもできたんですが、もちろんオタも腐の人もSFの人もミステリマニアもいないわけで…。
さらに私立校の奥様サークルには、じぇんじぇん馴染めなかった・・・(つд⊂)

作家クラブにきて、SFの場にいることが、一番楽しいし落ちつくんすよ。(書いてるものはSFじゃないけど…)
わたしのようなオタクのなり損ねは、オタクサークル以外に行き場はないのだと再確認した次第。
商業作家でなくても、ボランティアとして、SF作家クラブの会員でありつづけることができるのだとわかって、安心しました。
というわけで、SF作家クラブにこれからも置いてください。ミステリしか書けないんだけど…

じゃ、人生の第二ステージ!いってみようか~

と思っていたら、原稿仕事が…。
パターンです…。
うまくいけば、年内に本がでるやも。

しかし、ここまで吹っ切るのは、めちゃくちゃにしんどかったので…。
なんせ何十年も同じことをやってましたし、習性というか習慣になってますから。
ようやくそこから脱出できる心の準備ができたので、第二ステージ計画は続けるのでした。